2handed-bowling.com
両手投げ最強伝説
←前頁    TikTokで動画1204本公開中    次頁→

◆ボウリングのレーン、ワリバシ説

両手投げはボールがよく回転するのでストライクになりやすい

いきなり結論です(笑)。



では、詳しい説明をする前に、まずこの画像をごらんください。



これは真上から撮影したレーン。じゃなくてワリバシです。

なんでボウリングの解説サイトでワリバシ?

実は、ボウリングのレーンとタテヨコ比がほぼ同じなんです。

幅約1m、奥行き約20mのレーンを100分の1に縮小すると、ワリバシ!

細くないですか?



◆レーンにはオイルが塗ってある

でも大丈夫。

ボールがレーン両脇の溝(ガター)になるべく落ちないように、細工がしてあるんです。

それがオイル。

レーンの中にはオイルが塗ってある。

両端のガター付近にはオイルが塗ってない。



オイルのまったくないレーンを両手投げで投げたことがあります。

すべて左ガターになるという恐ろしい結果になりました。

それはボールが回転しているからです。



◆回転がないボールはストライクになりにくい

直球で投げた場合、約20mの先の10本のピンにボールが届くまでの間に、たった1度の狂いはどれだけズレるのでしょうか。

なんとピンのところまで行くと30cm以上ズレてしまうんです。

この事実は、直球で投げると1度のミスでも許されないことを意味します。(※)

※だから1本だけ残った7ピンや10ピンをとるための直球は難しい



◆ボールに回転があれば自然にストライクになるレーン

ところが、ボウリング場も商売です。

一般客用には、

ストライクがでる
  ↓
飛び上がって喜ぶ
  ↓
ボウリングって楽しい
  ↓
また来よう

となるようなレーンを用意します。

オイルを塗ることで、ストライクがでやすいトリックレーンを設定するのです。



◆ボールは回転するから曲がる

両手投げ(右手の人)の場合、投げたボールは時計逆まわりの船のスクリュー回転になります。

「ボールが曲がらない」という人は、曲がらないように投げているだけです。

ピンのところへ到達するまでボールの模様をよく見てください。

ボールが曲がらない原因は、無回転、低速回転、車のタイヤ回転のようなタテ回転、逆タテ回転、コマ回転(UFOボール)のどれかです。

※UFOボール:台湾ではみんな投げてる魔球の一種




◆曲がるボールはストライクになりやすい
  • ストライクになりやすいレーンは、曲がるボールが前提

  • 一定の範囲内の角度(3~6度)でピンに到達するとストライクになりやすい(※1)

  • 一定の角度でピンに到達するには、曲がるボールが有利
というわけで、回転があるためにカンタンにボールが曲がる両手投げはかなり有利(※2)となります。

※1 その角度でストライクになるならと直球で投げる場合は、右隣のレーンから投げることになる。

※2 両手投げではむしろ直球を投げるほうが難しい。2投目の10ピンをとるときだけ片手投げで直球を投げる人もいます。



【結論】

両手投げはボールがよく回転するのでストライクになりやすい


全面協力:gal-moji.com  ギャル文字ドッドコム



▲このページの先頭に戻る▲
両手投げ最強伝説
Copyright ©2022 www.2handed-bowling.com All rights reserved.